一人で無理ならプロに依頼!ゴミ屋敷の相談は大阪の専門業者

ゴミ屋敷の原因は過去にとらわれていること

片付け

ゴミ屋敷は部屋を片付けられない人が作ってしまうのですが、なぜ片付けられないのでしょうか。一つに過去に捨ててしまってひどく後悔していることがあったりします。
これは何も、ものに限ったことでもなく人とのエピソードや体験で失敗したことなどもふくまれます。いずれにせよ過去にとらわているのです。過去のことは変えられないのですが、その過去の出来事の意味合いは変えることができます。
例えば人からのアドバイスを貰うなどが客観的で分かりやすく良いのですが、たいていの場合客観的に分析するとゴミ屋敷を作っている人の失敗は大したことが無く、また、それにとらわれている状態が客観視すると今からのことを考えると、とてもどうでもいいことが良くわかるケースが多いです。
つまり、何か捨てたもので失敗したことや人間関係で思考が停止してしまっていてもモノの見方によっては本人しか気にしていないような、気にしても仕方がないようなどうでもよいことなのです。
こんな理由でどうしてゴミ屋敷ができるかというと、そもそも片付けられないのは「片付け」がとても生きていくうえで優先順位が低いことによるのです。だから先延ばしにしてゴミ屋敷ができるのです。ゴミ屋敷にしてみればそれは極端な例なのですが、結果的にはちりも積もればということです。

イチオシコンテンツ

トレンド情報